高橋順一 JunichiTakahashi

 

 

 

                             特定商取引法

 

Allightnight reserved©Junichi Takahashi .2016.2017

掲載の情報・画像などの全てのコンテンツの無断複写・使用・転載を禁じます。

contact

kenchiku-ao1.com

 高橋順一 JunichiTakahashi

 

 あなたは我が国で難関大学建築科に合格するには、何が必要だと思いますか? この下の図をご覧ください! 早稲田大学は「建築工学」と「建築芸術」の両面が求められています。そこで、リーダーシップの活動と共に、この建築芸術の才能を、AO入試ではアイデアを絵に表現するできる力=ドローイング”の試験と、自己PR資料の中にデッサンなどの作品とやはり建築科ですので入りたい情熱を表現する、立体や建築の模型などもあればライバルとの差別化に繋がると思いませんか? あなた部活などの自己アッピールで全国から集まる、学科力とリーダーシップ能力と空間造形やデッサン力を持ち、建築芸術的な才能もあるライバルに勝ち、合格すると思いますか?
 
AO入試では、成績と部活やボランテイアまた短期留学などの活動歴も重要ですが、「芸術建築」という大学の教育目標という視点で見ると、さまざまなデッサンの美術作品や立体、あるいは建築家を目指す自分をPRするのであれば、建築の模型などが資料にある場合とないのとでは、どちらが建築家を目指す情熱を感じるでしょうか?

将来に世界で活躍できる、建築工学と建築芸術の両面が期待できる人材の才能を発見するために、ドローイング、 自己PR資料、面接における人材に見るプレゼンテーションなど、複雑で手間のかかる時間と考査を経過して 将来において、世界的に活躍できる若い才能を発見するプロジェクトと言えるのではないでしょうか?
 ”創造的想像力”➡「論理構造的な美+詩的創造力」© 造形表現力養成という立場から大まかに見ると、下記のよう な力が身につければいと思います。

 

 数年前から、数学や物理などの科目の成績が苦手でも、 AO入試が解禁されたので、 美術実技が得意であれば、大いに可能性が開かれたので、 大いに挑戦をしてみよう。