高橋順一 JunichiTakahashi

 

 

 

                             特定商取引法

 

Allightnight reserved©Junichi Takahashi .2016.2017

掲載の情報・画像などの全てのコンテンツの無断複写・使用・転載を禁じます。

contact

kenchiku-ao1.com

 高橋順一 JunichiTakahashi

 

 

 「ふつうの高校生を”選択型個性”から”創造型人格”の "建築芸術家"に変身し合格する最短、最速の秘密" オンライン自宅学習プログラム 建築科AO入試.空間造形表現 オンラインStatementsプログラム ➡まったく初めてでも大丈夫!合格とその先につながる経験を! ・高度で国際的な専門性:一生使えるスキルとノウハウの基本が学べる ・美術の才能:美術の成績が普通でも大丈夫 ・地理的条件:自分の部屋やどこでも学べる ・用具:必要最小限から開始できる ・心構えと自己管理:建築芸術家に変身し目標達成能力が身につく ・修得時間:最短で最小の努力で空間造形表現力の基本が学べる

 

早稲田大学創造理工学部

建築科AO入試.空間造形表現

  オンラインStatementsプログラム©

 私がWeb塾・洋々で 早稲田建築AO入試空間造形コーチの エキスパートとして指導して 早稲田建築AO入試に短期間で実際に 栄冠を手に現役合格した 先輩達からのメッセージ

(株)洋々の連絡版より引用

高橋先生有難うございます! いろいろと反省事項が多かったのですが、結果的に合格する事ができて本当にホットしました。 夏から高橋先生はじめ、さまざまなプロのサポートを受ける事ができて、幸せな時間でした。 こんなに建築の事を考えたのは生まれて初めてでした。「水源」や「オスカーニーマイヤー展」などを高橋先生に教えて頂いて、それらのホンモノに触れた時間は AO入試もそうですが、その先を見据えての有難い御指導だったななど、振り返り感じます。 不甲斐ない私ですが、先生との授業は楽しかったです。 

白鳳大学付属 
足利高校 I・Mさん

早稲田大学 創造理工学部 建築AO入試 合格者の声 都立小山台高校 ▲ GEさん ⬇️
早稲田大学 創造理工学部 建築AO入試 合格者の声 都立小山台高校 GEさん 

足利高校 mayunaさん

 

 

 「志望自己報告書」と「活動自己報告書」へのアドバイス 2次試験ドローイング 自己PR資料の編集とデザインレイアウトや 自己PR資料に入れるアート系作品 制作ノウハウがわかる。 立体・建築模型制作と撮影方法や 自己PRプレゼンのやり方とアドバイス。 
 1▶ドローイングが描けるようになる。 (アイデアの視覚化や、デッサンの基本 が分かる)

2▶自己PR資料制作とプレゼンおよび 面接試験に必要: ▶自己PR資料に入れる"デッサン"、 "ドローイング入試対策"と "立体構成"や"建築模型"が制作できる。 3▶自己PR資料制作:資料ページ編集や 自己アッピールポイントと アート系作品と空間造形力を証明する
 立体構成や建築模型の制作方法と 撮影ポイントなどが分かる。 4▶創造的想像力と潜在能力の開発
 "建築芸術家のセルフイメージ"になり、 "選択型個性"から"創造型人格"へ変身でき "芸術的建築家の心構えと、 セルフイメージ"に変身できる。 5▶"建築芸術家"としてのブループリント 自分の人生目標であるブループリント が設計できる。 "セルフマネージメントを確立"できる。 目標達成の自己管理能力を意識できる ようになる。 ■"絵画の専門的描写に必要な知識と空間 や立体の基礎制作技能が分かる。"
 このコーチング教材とサポートから 得ることができる メリットとは?

All right reserved .Design & Copyright  © 2016  by Junichi Takahashi

 ”人間生活の基礎を創る技術と芸術の総合を学ぶ” 早稲田大学は私大建築最古の108年もの歴史があり。 「建築芸術分野」と「建築工学分野」で教育構成されています。 昔から大学工学部で,実技(デッサン)が行われる歴史ある難関大学です。受験生の「学ぶ力」「発見する力」「造り出す力」のプロジェクト達成型の人材を多面的に評価する入試がAO入試において行われ、 国際的視野とリーダーシップと創造力想像力総合的に評価される大変難易度の高い入試といえます。

 

 

 

 ■ 早稲田建築AO受験マスタ−

   コーチの秘密

 

 ■ 初めてのブログ

 

 ■ 早稲田建築AO入試空間

   造形表現表現についての

   アドバイス

 

 ■ アートやデザインの

   不思議な力

 

 ■ 木のいのちと建築

 

 ■ デザインスタジオを

   閉じ、ボロボロの身体と

   心でパリに飛んだ....

 ■ 手塚治虫さんからの

   伝言:エピソード

 

 ■ 多摩美情報デザイン

   科/メデイア芸術

   コースの久保田先生

   の新刊

 

 ■ 個人的エピソード-

  本当にUFOに会っ

  た....

 

 ■ エピソード:音のな

  いコンサート”神と

  の遭遇〜シカゴでの体

  

 

 ■ 美大デザイン科受験

  や早稲田建築AO入試

  を考えている人へ......

  アドバイス

 

 ■ 美術史の天才たちは

   どういう構図法を

   使っていたのか?

 

 ■ ”将来は世界で活躍す

   る国際的な建築家の

   なりたいと考えてい

   る人へ”

 

 ■ 「美には2つあ

  る、”構造的な想像力

  の美”と”詩的想像力の

  美”」

 

 ■ “ 美大入試における

  デッサン(描写)力

  と、早稲田大学建築

  AO入試のドローイン

  グ”のちがいとは?”

 

 ■ “受験生の悩み:早稲

  田建築AO入試の2次選

  考での自己PR資料提

  出について、美術系

  デッサン立体造形や建

  築模型へのアドバイ

  ス”

 

 ■ 早稲田建築AO入試に

  合格するための13のス

  テップ」 “人生のブ

  ループリント”

 

 ■【早稲田建築AO入試

  に合格するための13の

  ステップ➡2:「視覚

  人間」について】

 

 ■ 「早稲田建築AO入試

  ほか合格するための13

  のステップ: ”芸術的

  建築家へ変身するため

  の”ここだけの秘密の

  心構えとは?”」

 

 ■”早稲田建築AO入入試

 で、合格するための13の

 ステップ NO.4 たっ

 た3つの事ができればい

 いのです”

 

 ■ ”早稲田建築科AO

  入試で合格するための

  13のステップ:NO.5

 「アーテイストへの変身

  とドローイングスキル

  の修得」”

 

 ■ 早稲田建築AO入試で

   合格するための13の

   ステップ」:NO.6

   ”秘密の鍵−5つの前

   提条件”

 

 ■ 「建築AO入試で合格す

   るための13ステップ」

   NO.7 ”作品ポート

   フォリオが差別化への

   前提

 

 ■ 建築入試AOで合格する

   ための13ステップ」

   NO.8・・・“建築と意匠・

   デザイン

 

 ■ 「建築入試AOで合格す

   るための13ステップ」

   NO.8-B・・“建築と意匠・

   デザイン

 

 ■ 「早稲田建築入試AO

  入試で合格するための13

  ステップ」NO.8・・・歴史

  的構図法の秘密

 

 ■ 早稲田建築AO入試で

   合格するための13ス

   テップ」NO9・・・

   “遠近図法と作品制作”

 

 ■ 「早稲田建築AO入試で

   合格するための13

   ステップ」 No.9-

   B・・・“遠近図法と作品制

   作”

 

 ■ 「早稲田建築AO入試で

   合格するための13

   ステップ」 NO.10・・・

   合格の鍵を握る2次PR

   資料(ポートフォリオ

   品集)の秘密

 

 ■ 「早稲田建築AO入試で合格する

   ための13ステップ」No.11・・・

   画材・立体構成(建築模型)・

   必修課題

 

 ■ 「早稲田建築AO入試で合格する

   ための13ステップ」 No.12・・・

   建築家のドローイングと合格者

   の立体造形・建築模型

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■ 早稲田建築AO入試で合格するため

  の13ステップ」 NO.13・・・自己PR

  資料と面接プレゼンテーション、

  及び 自己PR資料制作編集と21世紀

  世界の建築作品と建築家

 

■ 「早稲田建築AO入試(創成入試)

  で合格するための13ステップ」

  パート2:自分の潜在的な芸術的な

  可能性に挑戦する。

 

■ 「早稲田建築AO入試(創成入試)

  で合格するための13ステップ」

  パート2:(書類審査と鉛筆による

  ドローイング2

 

■ 早稲田建築AO入試(創成入試)で

     合格するための13ステップ」 パート

    3:建築と陰影における材質感と色彩

    調和について

 

■ 「早稲田建築AO入試(創成入試)

 で合格する13のステップ パート4:

 

■ 「早稲田建築AO入試、自己PR資料

  に入れるアート系資料の鉄則」

 

■ 早稲田建築AO入試(創成入試)で

  求められる技量のレベルとは?

 

 

  早稲田建築AO受験マスタ−コーチ

  の秘密(44)

 

■ 「早稲田建築AO入試(創成入試)

  の自己PR資料制作に入れるべき

  その他大勢の学科力だけの、

  ライバルから差をつける秘密:

 

■ 早稲田建築AO受験マスタ−コーチの

  秘密立体構成・建築模型制作編:

 

■ 建築模型制作における、建築テーマ

  の選び方とコンセプトの作り方

 

 

君は学科力や部活、あるいは高校の課外授業での社会奉仕や、

短期留学だけで全国から集まる超進学校のエリートのライバルに

学科力を合格する戦術だけで、早稲田建築が求める”建築芸術家”

という要求水準を満たして、芸術的才能を持つ自分を

PRして他のライバルを寄せ付けない、

強い印象を与え合格できると思っていますか?

 

 学科力はあるがドローイングと自己PR資料のアート作品や

立体・建築模型もなく悩んでいて合格できた秘密は

 

”早稲田AO入試に合格する秘訣は、

卓越のエキスパートと出会う事だけだった”

 

君は学科力と部活や高校の課外授業の社会奉仕や、

短期留学だけで全国から集まる超進学校のエリートのライバルに

学科力を合格する戦術だけで、早稲田建築が求める

”建築芸術家”という要求水準を満たし

 

芸術的才能を持つ自分PRして

他のライバルを寄せ付けない、強い印象を与えて

ほんとうに合格できると思いますか?

 

 

    実はその合格には秘密があります・・・・・

 特徴 

編集力の養成

■場所:自宅や好きな場所で学べる。 ■時間:塾や部活、補習との両立ができる。 ■個別添削・クリテイック:メールで修正するので、修正点 添削、自己進捗がわかる。 ■合格実績: 32年間に約1000名を国内と海外美術大学 へのデザイン系全科を中心に大学院へも個別で合格指導。 その後の6年間は早稲田建築科AO入試. 専任指導で、総計38年指導歴、造形表現指導のエキスパート。 ■独自メソッドと指導歴と戦略: 38年間の個別指導実績と、美大受験で構築した 独自の ”基礎造形メソッド”と戦略マネージメント でアーテイストに変身し、合格まで自己管理と 自分独自のスキルを学び安心して受験できる。 ■個性を元に引き出す指導法 いわゆる予備校の傾向と対策の一つの手法を押しつける のでなく生徒の発想をもとに個性に合わせて引き出す、 クリエイテイブな発想法を大事にする欧米型指導法。 ■プロデザイナー経験:デパートでグラフィック全般の後、 独立してデザイン事務所設立、それと並行で絵画、彫刻、 版画、現代美術作品制作と個展、コンクール展受賞、パリ滞在歴。 中学・高校免許。

 

芸術的空間センスを感じる、 立体・建築造形制作をめざす 

さまざまなアイデアを立体造形化する能力の養成.

さらにそれを建築の機能

中心に環境などを考慮した空間と調和した、美しいかたちや意外性を造形

建築模型制作

空間立体感覚を

証明する作品制作

自己PR資料

受験生ではなくアーテイストししての個性を引き出し受講生の

”創造的想像力”とリーダーシップの証明と芸術感覚能力を編集デザイン化する。

アイデアの視覚化

デッサンの法則と描画

遠近法や建築芸術家への

心構えや日本の伝統建築の美学を学ぶ。

・アイデアの視覚化

・自然から学ぶかたちから抽出し、独自の美しい

立体へと造形化する歓びを認識する。

アイデア ドローイング

立体造形

さまざまなリーダシップ活動

アート系作品、デッサン、

立体構成、建築模型

自分自身の人間カタログ。

 

自己の内面的世界観を言葉と

活動歴と、美術系絵画作品や空間立体造形のセンスある立体造形を組合わせた、作品集

 

 

 

 

あなたはもしかしたら、

こういう問題を持っていないだろうか?

 

  ➡ 何を描けばいいか分からない....

  ➡ そもそもデッサンとは何かが分からない...

  ➡ 早稲田建築AO入試で求められる技量が

    分からない....

  ➡ 自己PR資料に何を提出すればいいかが分から

    ない...
  ➡ 建築の模型を作るにしても、何で、どうやっ

   て、どのようなものを作ればよいか分からな

   い............

 

多摩美GD,武蔵美視デ.造形大など5官合格者 千葉いずみさん

早稲田大学創造理工学部 建築学科AO・創成入試 合格者の声

横浜市 神奈川県立緑が丘高校 堀井翔太

 

 

”未来を予測する最良の方法は自分で創り上げる事” スチーブン・ジョブス

 ”美大デザイン系受験界、正真正銘の マスタ−コーチがついに明かす! 全くの初心者が、不可能なほどの短期間で 建築科教授の入試判定を魅了する” 芸術家魂を持つ若き建築家に変身し 誰にでもできる衝撃的な 最短合格ルートの秘密! ▼ ”いま美大受験界伝説のプロ・エキスパートがいる 彼が指導すると将来アートやデザイン系に 進み世界的に活躍したいと考えて「いる」人は 誰でも耳を傾ける その結果、能力もなく美術やデザインの 制作経験もなく デッサンが描けないし、専門知識もなく 描写力、遠近法や構図法 立体造形構成すらも制作したこともない 建築アイデアも発想力もなく 完成予想図も描けないまったくの素人が わずか4回から10数回のサポートで 立体造形表現の秘密を知り 自由に自作の建築テーマと アート作品を創り ▼ そのアイデアを立体・建築へと制作して 自己資料ファイルの核として 自己PRでのプレゼン時に大いに建築科 入学への情熱と建築芸術的才能、 そして入学動機伝えるための、 自己PR資料の自己表現ツールとして発揮でき、 かつ建築完成に必要な多くの人を率いる ビジョンあふれるリーダーシップを アッピールできるようになり 合格する事を目標にデザインされたプログラム。 そして実際に早稻田建築AO入試に
合格している事実。 たとえあなたが、専門的に美術を学んで いなくても、それは可能です。 ▼▼ ”あなたがそれを可能にする唯一の方法は 自ら30年以上の個別美大受験指導経験と プロのデザイナー経験や ファインアート作家のキャリア 将来を見据えた実践的な個別指導塾として ちいさな画塾を原点とし発展した。 予備校的な、短なる傾向と対策ではない 誰でも才能があり”創造的想像力”を
引き出しアーテイストにする事をミッションとした 真のアートスクールへのビジョンがあり 美大受験指導者として38年の経験を持つ。 国内と海外の有名な美術大学・デザイン全科を中心に 約1000名を、32年間で連続累計合格率89.9%の 卓越した「独自の造形メソッド」を開発し 自己啓発と造形表現スキルが融合された 多彩なコンセプトをコアに構築した 戦略を実際の大学受験で実証してきた ストーリーがその背景にある。 ▼ この美大デザイン全科受験指導の第一人者が 32年追求した実践的な独自の”基礎造形メソッド”を
ベースに、その後の6年間を早稲田建築AO入試に 
特化集中した大学建築科AO入試のための
空間・建築造形表現力養成 合格教材サポートのコーチングプログラムで あなたを最短と最少の努力と時間で センセーショナルな短期間でアーテストに 変身し、好きな場所と時間の制約がない 自分の部屋などで学ぶ事ができる。 ▼ 我が国建築の歴史で優れた人材を輩出してきた 難関大学である。一度しかない君の人生で どこで誰に、そして誰と共に学ぶか? コーチを選んだら精魂込めて 一心不乱に新たな造形知識と実習で眼と手と頭、 そして自らの感覚を信じて、合格達成するために 自らを高めアーテイスとして成長させるために あとは、行動するだけ!

むろん君は複数の大学を考えていると思うが 立体造形やデッサン・ドローイングなどの実技 試験や海外大学のようにポートフォリオ作品集を 提出する大学もあるかも知れない..... (君の1度の人生で、後悔したくなければ) 多摩美、武蔵美、造形、女子美、5冠現役合格 横浜市 横浜市金沢高校 千葉いずみ: 美大受験予備校を選ぶ時に、大手のアトリエとどっちにしようとな と、かなり迷いましたが、私に歯ヨコハマアートスクールがあってい たのだと思い ます。受験だけでなく、大学の先に繋がる経験をしま した。 ヨコハマアートスクール(高橋順一校長)は、のんびりした雰囲気で 自由に 制作できますが、その分、自分の意思野力も求められま す。自分の緊張感は保ち続けてください

ヨコハマアートスクール

(高橋順一校長)への印象ほか、

入学動機:

ヨコハマアートスクール(高橋順一校長)への

 

早稲田の建築に行きたいうという思いがずっとあり、ウエッブサイトで創成入試の事を知り、ダメもとで受けてみようと思いました。親がギタリストで元々芸術に興味をもっていた事と、理系が得意であることから建築を学びました。実は小学校の時から大工になりたいという思いがあったのですが、設計するのは大工ではないという事がわかり、そこから建築家になろうと思いました。

 

1次筆記試験について:

 

過去問と高橋順一先生のドローイング(デッサン)の指導を一から教わりました。デッサン力(客観的描写)と言うよりは発想力、つまり何を描いたかという事が問われるようです。絵の説明を描く必要がありますが建築全般に対して自分なりの見方を持つようにする事が大切だと思います。

 

➡自己PR資料について:

 

自分の建築観を表した小論文、デッサン、自分の部屋用に創った棚の写真、三渓園の写生、高橋先生にアドバイスをいただいた、屏風の四季を表す建築科のための四種類をドローイングしました。日本建築をやりたいという自分の気持ちを元に、作品の発想等、色々とアドバイスを頂きました。

 

小論文も自分で作って最後に高橋先生にチエックしてもらいました。面接も1日に2回ぐらい連続で見ていただき、プレゼンで話す内容についても色々とアドバイスを頂きました。


 

 

 

 

 

 

top